熱交換器清掃

隣県の温泉地まで出張整備に行ってまいりました。

本日のお客様はこの方。

f:id:reisetsuya:20210519052028j:plain

ん、ん??

パッと見コンデンサーの二基掛け?? なぜ? と思いますが・・・

いえいえ違います。ここは、温水プール施設。

プールに冷凍機?と思いますが、冷やすのではなく冷凍機を使って温めております。

上写真のコンデンサーらしき物は、加熱器と吸熱器と呼ばれ、構造はどちらも同じ「シェルアンドチューブ式熱交換器」です。

f:id:reisetsuya:20210519053443j:plain

左の加熱器は、通常の水冷コンデンサー同様、下部がレシーバーとなっております。チューブの中は一次加熱水が通ります。

右は吸熱器。(冷凍サイクル的には蒸発器に該当します)チューブの中を温泉水(源泉)が通ります。

吸熱器と加熱器の間には膨張弁が設置されています。

冷媒の流れとしては、圧縮機→加熱器(凝縮器)→膨張弁→吸熱器(蒸発器)→圧縮機 といった感じで、このユニット内だけで冷媒は循環しています。

加熱器で加熱された一次加熱水は、機械室内のプレート式熱交換器で二次加熱水と熱交換され、プールや施設内の暖房機器への熱源となります。

f:id:reisetsuya:20210520055245j:plain

吸熱器カバー開放チューブ突きの様子。

通常の水冷コンデンサーに比べ、仕切りが多くコの字パッキンの作製になかなか時間を要します。

カバーは写真の通り、水出入り口側、水折返し側、ともにヒンジがついていますのでチェーンブロックで吊らなくても開放できるのでその点は助かりました。